従来のやり方の利点は?手書きで製図を行うメリットとデメリット


手書き作業ならではのメリット

物作りをする上で欠かすことのできない事前の設計作業にはいくつかの選択肢が用意されています。日本で古くから利用されている手書きで製図を行う大きなメリットの一つがコストの安さです。時代の移り変わりの中で主流となりつつあるCADによる製図は機能性の高さで作業効率が上がるなどの利点がある反面、導入にコストが掛かります。機能性に優れた最新のCADを導入するとなれば数百万円近い金額になるケースも少なくありません。一方、人に手による作業は紙やペン、消しゴムといった数百円程度で市販されている文房具を揃えるだけで作業を始めることができます。独立したばかりで資金に余裕がない、経営の先行きが見通せない状態で初期費用に次ぎこむのは不安といった場合は手書き作業から始めるのも一つの手です。

手作業で起こり得るデメリット

メリットが多い手作業による製図にもデメリットになる部分はいくつかあります。その一つが能力差によって起こる仕上がりのバラツキです。CADは入力したデータを基にコンピューターで作業が行われるので誰が担当しても制作に掛かる時間や仕上がりに大きな差は出ることはありません。一方、手作業は全て人間の手で行うので制作する人間の能力がそのまま結果として現れます。同じ設計を行っても新人とベテランでは完成までに掛かる時間や出来上がりに差が出てしまうため、作業効率が悪くなりがちです。作業途中で問題が起きた時にCADはデータの消去と書き直しを短時間で行えます。消しゴムで消してから再度書き直すという作業が必要になる手作業は修正一つとっても時間が掛かるのは否めません。

電気CADは、機械や建築などの世界で電気設計や施工図の作成で使用されています。必要な部品や配線を効率よく設計することが出来ます。